haien sorch

好みの音楽探しのための個人的備忘録

◯Change/Ranji

Change

前も書いたけどクラブミュージックのサイケが聴きたい。以前買った同人コンピで好きな曲を見つけて、同じジャンルの曲を知りたくて色々聴いてみていたんだけどどうにも雰囲気が違う。
だけどその曲の作者のツイッターを遡ってみたら、ジャンル名と一緒にオススメの曲がこれでもかと並べられていた。ツイッターさまさま…
もっと早く調べればよかったとも思ったけど、実際にそれらを聴いた時は、今までの徒労の念以上に、金脈を見つけた!とめちゃくちゃ嬉しくなった。その名もprogressive psyche

最初にオススメされてた曲のある、Ranjiの3曲入りのEPを聴いた。
少なめの音、弾力のあるキックの表拍とはっきりした裏拍のメリハリがまさしく俺が求めてたもので、とてもいい。耳のすぐ裏で鳴るようなハイファイ感も魅力の一つだと思う。

まだこのジャンルを聴き始めたばっかで何がジャンルの特色で何がこの人の特色かわからんことに加えて、それぞれの音の名前がわからんからあんまり内容の書きようがない。
けれど耳に残った部分を取り上げてみる。

Change、イントロのキックが入るまでの展開がドンピシャで好みのやつだった。

New Waysはキックが重たかったし歌が入ってる。リミックスって付いているから別の人のなのかな。

Underfloorのキックも耳に圧迫感が来るし、その合間を縫ってそれぞれ個性的な音が響きながら進んでいく。たまにリバーブ急に切ったりするのも面白い。
中盤に8分の6になる展開や、ひとしきり盛り上がった後にキックとベースメインで静かになる展開。こういう曲が聴きたかった…
その時の、ブレイクで残った裏拍のメトロノームみたいな電子音にキックが合わせて入る展開なんかも俺が聴きたかったやつだった。この部分本当に気持ちいい。

こうして聴いて思うのは、コンピで聴いて衝撃を受けた曲とかなり似ている展開が多い。クラブミュージックの特色だし一長一短あると思うけど、とにかく今の俺にとってはとても嬉しいことだった。他にも薦められていた曲がわんさかあったので聴いてみる。

3曲/2013

Change
Underfloor