haien sorch

好みの音楽探しのための個人的備忘録

◯And Then There Were Three/Genesis

& Then There Were Three

名前だけたまに聴くのでどんな音楽か知ろうと思った。雑誌の特集での平沢進へのインタビューでちらっと名前が出てきたのも気になっていた。

 

1970〜80年代に人気のあったプログレバンドらしい。プログレバンドはほぼ聴いたことなくて知らないんだけどたまにピンポイントで好きになる曲がある。たぶんめちゃめちゃフックが強くてキャッチーなものを好きになるんだと思う。
その意味でこのアルバムはあまり引っかかるものがなかった。まずけっこうちゃんとした歌物だったことに驚いた。
バンド的にはキーボードの音色がいかにも未来的で面白かったし(50年前の未来に対するステレオタイプがまだ全然通用していることもすごいなと思う)、コードはへんてこだし偶にバカテクが垣間見えるけど、全体的にはぜんぜんポップな歌モノの範囲内だった。
なぜかジャーニーを思い出す。声はあっちの方が好きだけど。

 

平沢ぜんぜん関係ないやんけ!と思ったけど、どうやら活動初期は本格的なプログレを主体としていて、のちにポップ寄りになっていったらしい。確かにジェネシスのファーストについてどうたら言っていたことを思い出した。
一応いつか聴いてみようと思う。
それと歌詞がわからないのはやっぱりけっこうな機会の損失だと改めて思った。人生で英語使う願望も予定も他にないので自分が身につけることはたぶんないけど単純に。

 

11曲

Ballad of Big
Deep in the Motherlode
Scenes from a Night's Dream