haien sorch

好みの音楽探しのための個人的備忘録

◯Everything/Lido

Everything

ソニックマニアに来るらしくインタビューが載っていて、それがなんか面白かったので実際に観に行く前にアルバムも聴いた。

ノルウェーの音楽プロデューサー兼シンガーソングライターらしい。
何枚目のアルバムかはよく分からなかった。

大まかな枠は感じさせつつも予想を裏切る展開が多くて、へえ〜と思いながら聴いていた。今風の音を使って心象風景をできるだけ反映した曲を作ろうとしていたように感じる。
それとオフビートが多いし、シンコペーションもけっこう使うけどそのちょっと前あたりの拍に何もないことが多いせいで、気を抜いていると今何拍目なのかすぐ分からなくなる。
ソニマニでもキーボード?の横にキック以外の電子ドラムを置いてだいたいの時間それを叩いていたので、何かしらのこだわりがあると思う。

ただめっちゃ良さを感じたかというとそういう訳でもなくて、ずっとふ〜ん…って感じだった。あんまり引っかかるものは無かったかな…

ソニマニでは午前3時くらいのステージだったこともあって人がかなり少なかったし、音楽もあまり巻き込むタイプのものじゃなかったので皆ほぼ立ち尽くして聴いていた。
俺はそれまで踊りまくってたこともあって事前にアルバム聴いた時よりは楽しかったけど、会場の感じも分かるしなんとも切ない気持ちになった。

Citi Bikeの、あれだけ派手にやったのに自転車の音で慎ましく終わるやり方が好き。
そのまま入る次のOnly Oneもヒップホップにしてはふわふわするビートが面白いと思う。

頭の方で触れたインタビューを今見返すと、東京を地球で一番好きな場所と言ってくれた彼の期待と、ソニマニで「最後の曲だよ、ありがとう」と言った時の明らかに消沈した様子を思い出して物悲しくなる。

LIDO 直撃インタビュー 才能あふれる歌手、作曲家、プロデューサーが、日本への愛を真摯に語る

11曲/2016

Catharsis
Citi Bike
Only One